店舗物件選びはこれで大丈夫!?押さえておきたいポイントはこれだ!

初期投資を極力抑えたいなら居抜き物件!

独立して開業や開店をする場合に、最初に出店する物件選びは最も重要だと言えます。自分の希望に合った条件から徐々に物件を選んでいき、気にいった物件が出てくるまで待つのもひとつの手法でしょう。ただ物件を借りた後には、内装の改装費用など、初期投資がかなりかさむことがあります。初期投資がかさねば、その分、事業開始後にシワ寄せがきますので、極力、最初の初期投資は抑えたいものです。そんな時は、ある程度内装が出来上がった状態で貸されている居抜き物件がおすすめです。初期投資が抑えられ、さらにオープンまでの期間を短縮できるため 一石二鳥です。

やっぱりイメージ優先!新築物件!

居抜き物件の場合は、前のオーナーが一度事業を失敗した物件である可能性があります。似たような事業を始めようとする場合に、やはり前オーナーの失敗がありますので、成功が難しいと言えるかもしれません。まったく別業種であっても、そもそも人の流れが悪い物件であるかもしれません。そういった場合は、新築物件限定で探してみるのもいいかもしれません。不動産屋にあしげく通うには、新築物件の情報も流れてくることがありますので、時間をかけて探してみるといいでしょう。

間借りや事務所シェアも念頭に!

店舗物件探しであっても、少し特殊な物件かもしれませんが、幾人かで1つの事務所をシェアするシェア物件などもあります。他にも、物件の一部だけを借りる、間借りという方法もあります。独立開業や開店当初は、本当に小さい物件だけで良い場合や、狭いスペースだけで良い場合は、こういった物件がいいかもしれません。小さすぎる店舗物件は、ほとんどありませんので、間借りやシェアは、独立当初に非常に役に立つシステムであるといえます。

駐車場付きの店舗物件は遠距離からの来客にも対応できる利便性の高さから家賃が割高になる傾向があります。その一方で駐車場の広さや車両の出入りのし易さなどを考慮する必要があるので慎重な判断が大切です。